男女

法人実印の使用例と保管方法|会計業務やマニュアル作成のシステム化

法人実印とは

印鑑

日本国内の殆どの企業において、ビジネスの契約や申請書類の承諾等の様々な場面で印鑑が使用されています。企業内の印鑑には、代表印や銀行印、認印、角印、その他の印鑑といった様々な種類の印鑑が存在します。それらの印鑑には法的効力があり、用途も様々です。多種多様な印鑑の中で、代表印というのは法人実印とも呼ばれており企業内で最も重要な印鑑とされています。法人実印が最重要視される理由というのは、この印鑑が法人・団体における代表者の印鑑であるからです。代表者の印鑑というのは、企業の設立登記申請を行う際に法務局に届けでる印鑑で、この印鑑が悪用されてしまった場合、大きなトラブルの発生に繋がるでしょう。それほど、法人実印というのは企業にとって重要な印鑑なのです。
企業にとって最も重要な印鑑である法人実印を必要とする書類というのは、不動産売買契約書や登記申請書・委任状、金銭消費賃借契約書、根抵当権・抵当権・質権等の設定契約といった重要な契約書類です。その他にも、官公庁への入札に関する届け出書類にも法人実印が必要となるでしょう。この法人実印の管理は徹底して行う必要があり、企業内においても厳正なアクセス制限を設けなければなりません。例えば、企業内の何物かが法人実印を複製し悪用してしまうというのも起こり得ることなのです。そのため、信頼できる人材のみにアクセス権限を与える必要があるでしょう。保管方法に関しても、銀行の金庫等セキュリティ性の高い場所が最適です。保管時には、鑑証明と法人実印は別々に保管することが好まれます。

財務会計システムの機能

電卓

会計システムには財務会計システムと管理会計システムの二種類が有り、その中でも財務会計システムは決算処理等に適した会計システムとなっています。財務会計システムを導入することで、会計担当者の負担を軽減することができるでしょう。

もっと読む

グループウェアの新規導入

女性たち

グループウェアの新規導入や新規製品への乗り換えを行う際には、その機能性の比較や操作感といったポイントに注目して製品を選ぶ必要があります。それは、製品を使用するユーザーを混乱させないためにも必要なことなのです。

もっと読む

マニュアル作成の効率化

PCを操作する男性

マニュアルを作成するメリットというのは、業務時間の短縮や品質の安定化等、企業にとって有益なものです。マニュアル作成を行う際には、マニュアル作成ソフトを利用することで、効率的に効果的なマニュアルを作成することができるでしょう。

もっと読む